1941 (1979) / 1941

伊17によるカリフォルニア州サンタバーバラのエルウッド石油製油所攻撃や、伊26によるカナダのバンクーバー島攻撃など、大東亜戦争中に遂行された日本海軍潜水艦による一連のアメリカ本土砲撃、そして日本軍の攻撃に対するアメリカ人の恐怖が引き起こしたロサンゼルスの戦いがモチーフである。
キャスト:ジョン・ベルーシ、ネッド・ビーティ、ダン・エイクロイド、三船敏郎

 ・ amazon : 1941 (1979) / 1941
 ・ amazon prime : 1941 (1979) / 1941
 ・ NetFlix : 1941 (1979) / 1941
 ・ Hulu : 1941 (1979) / 1941
 ・ U-NEXT : 1941 (1979) / 1941
 ・ dTV : 1941 (1979) / 1941
 ・ GYAO : 1941 (1979) / 1941
 ・ Youtube : 1941 (1979) / 1941

1941 (1979) / 1941のあらすじ

日本海軍による真珠湾攻撃から6日後の1941年12月13日。西海岸の住民は、次は自分たちだという見えない恐怖に包まれていた。やがて南カリフォルニア防衛の任を負う第3軍団[3]司令官にジョセフ・スティルウェル中将が着任し陸軍、海兵隊に動員命令が下される。同時に市民防衛作戦が発令され、アメリカ国民は南北戦争以来の、母国の”守り”に就くこととなる。
そんな中、日本海軍の伊19潜水艦[4]は羅針盤が故障したため、カリフォルニア州沿岸に迷い込んでいた。艦長のミタムラ中佐[5]は現在位置がアメリカ本土に近いことを知ると、「軍事的価値は薄いものの、ハリウッドを攻撃すればアメリカ人の戦闘意欲を喪失させる効果はある」とハリウッド攻撃を計画する。しかし、伊19に同乗するドイツ海軍の観戦武官、フォン・クラインシュミット大佐[6]はミタムラの作戦に懐疑的だ。
迎え撃つは、「真珠湾の次はロサンゼルスが標的にされる」と信じて疑わないP-40 トマホーク(戦闘機)の飛行士、沿岸の住宅地に高射砲を据える軍曹、それを見て愛国心を燃やす老人、貧相な民間防衛組織、ダンスと女の子に夢中の青年、爆撃機を見ると欲情する女秘書官、芋畑に敵の秘密飛行場があると確信している大佐、慰問局の開いたダンスパーティにはしゃぐ兵士達、そして、この秋に封切られたアニメ映画『ダンボ』に涙しつつ「この街の住人は変な人ばかり」と嘆く司令官。
一方、ハリウッドを目指すためミタムラは忍者や侍の子孫である水兵たちを上陸させ、名前がハリウッドに似たホリー・ウッドという名前の木こりを拉致する。彼の荷物からスナック菓子のおまけであるおもちゃの小さなコンパスを見つけた日本兵は歓喜するが、ホリーはそれを強引に飲み込んでしまう。
やがて、空襲警報が鳴り響くロサンゼルス上空に未確認機が襲来し、沿岸では伊19が浮上する。遂にサンタモニカに広がる遊園地をハリウッドの一部と誤認した日本軍の攻撃が発動された。

  • コメント: 0
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。