Ready Player One (2018) / レディ・プレイヤー1

『レディ・プレイヤー1』(Ready Player One)は、2018年にアメリカ合衆国で公開されたSF映画である。監督はスティーヴン・スピルバーグ、主演はタイ・シェリダンとオリヴィア・クックが務めた。アーネスト・クラインの小説『ゲームウォーズ』を原作としている。

 ・ amazon : Ready Player One (2018) / レディ・プレイヤー1
 ・ amazon prime : Ready Player One (2018) / レディ・プレイヤー1
 ・ Hulu : Ready Player One (2018) / レディ・プレイヤー1
 ・ U-NEXT : Ready Player One (2018) / レディ・プレイヤー1
 ・ dTV : Ready Player One (2018) / レディ・プレイヤー1
 ・ GYAO : Ready Player One (2018) / レディ・プレイヤー1
 ・ Google Play : Ready Player One (2018) / レディ・プレイヤー1
 ・ Youtube : Ready Player One (2018) / レディ・プレイヤー1

Ready Player One (2018) / レディ・プレイヤー1のあらすじ

2045年。環境汚染や気候変動、政治の機能不全により世界は荒廃していた。その為スラム街で暮らさざるを得ない状況に陥った地球上の人類の多くは、「オアシス」と言うVR世界に現実逃避し入り浸っていた。

現在オアシス内では、創始者であるジェームズ・ハリデー亡き後公表された彼の遺言により、勝者にはオアシスの所有権と5000億ドル(日本円で約56兆円[5])相当のハリデーの遺産が授与される「アノラック・ゲーム」が開催されていた。ハリデーがオアシス内に隠したとされるアイテム“イースターエッグ”を探すプレイヤー“ガンター(エッグハンター)”達が日々3つの鍵を手にする為の関門となるゲームに挑んでいるが、始まって5年経っても誰も鍵を手に入れられなかった。

オハイオ州コロンバスのスラムに住む若者ウェイド・ワッツことガンター・パーシヴァルも勝者となるべく日々奮闘していたが、ゲームにはオアシスの独占を欲す世界第2位の大企業IOI(イノベイテブ・オンライン・インダストリーズ)社社長ノーラン・ソレントが送りこんだガンターチーム“シクサーズ”もいた。ウェイドは第一の試練を突破するが、現実世界でも彼に魔の手が及び、レジスタンスのアルテミスやオンライン仲間たちと共にソレントの陰謀に立ち向かっていく事となる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. War of the Worlds (2005) / 宇宙戦争

  2. Minority Report (2002) / マイノリティ・リポート

  3. Artificial Intelligence: AI (2001) / A.I.

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。