Catch me if you can (2002) / キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(Catch Me If You Can)は、2002年のアメリカ映画。
1980年に出版されたフランク・W・アバグネイル・Jr著の自伝小説『世界をだました男』を元に製作されたドリームワークス作品。パンアメリカン航空のパイロットや医師、弁護士に偽装し(弁護士の資格は本当に取得した)、1960年代に世界各地で小切手偽造事件を起こし「天才詐欺師」と言われたフランク・W・アバグネイル・Jr(レオナルド・ディカプリオ)と、彼を追うFBI捜査官カール・ハンラティ(トム・ハンクス)の姿を、痛快かつ人間味豊かに描く。

・ amazon video : Catch me if you can (2002) / キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
・ youtube movie : Catch me if you can (2002) / キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

Catch me if you can (2002) / キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンのあらすじ

1963年、NY州ブロンクスヴィル。16歳のフランク・アバグネイル・ジュニア(レオ ナルド・ディカプリオ)は、両親の離婚のショックから家を飛び出し、生きるために小切手詐欺を思いつく。だが偽造小切手は怪しまれやすい。そこでパイロットの制服を手に入れた彼は、人々をあざむきつつ、提携する航空会社の飛行機で世界中をタダで飛び回る。やがてFBIが動き出す。ベテラン捜査官のカール・ハンラティ(トム・ハンクス)は躍起になって犯人を追うが、なかなか正体をつかめない。そんな中、フランクは偶然行った病院で新米看護婦ブレンダ(エイミー・アダムス)に一目惚れし、その瞬間、小児科医に変身。病院に就職してしまう。ブレンダの心も手に入れ、彼女の父親(マーティン・シーン)が検事だと知ると、今度は弁護士になりすまし、ブレンダの父が経営する法律事務所に就職。だがブレンダとの婚約パーティーの時、ついにカールらFBIが乗り込んできた。フランクはブレンダにすべてを話して逃げたが、彼女に裏切られ、ついに逮捕されてしまう。しかしフランクは、偽造小切手を見破る能力を高く評価され、FBIで働くようになるのだった。(Movie Walker)

  • コメント: 0

関連記事

  1. Amistad (1997) / アミスタッド

  2. Bridge of Spies (2015) / ブリッジ・オブ・スパイ

  3. The Terminal (2004) / ターミナル

  4. Munich (2005) / ミュンヘン

  5. Lincoln (2012) / リンカーン

  6. War Horse (2011) / 戦火の馬

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。